ゆとりブランド

ゆとりの若造が書くブログ。ゆとりだからこそ見える部分、ゆとり世代の人にも迫っていきます