ゆとりブランド

ゆとりの若造が書くブログ。ゆとりだからこそ見える部分、ゆとり世代の人にも迫っていきます

ダウンタウンなどが歌っていたRe:Japanの明日があるさが懐かし過ぎる件。名曲に秘められた想いとは?

f:id:yutori-yb:20180522234959j:plain

Re:Japanというグループがカバーして、大ヒットした曲です。

 

ちょうど私の世代かなり流行りましたね。

ジョージアのCMのために結成されたグループで、この曲を元に、ドラマや映画が作られるほど、流行りました。そして、ウルフルズとのコラボレーションで紅白にも出場しました。

 

今、思うとめちゃくちゃ豪華なメンバーとなっています。

 

Re:Japan

ダウンタウン (浜田雅功、松本人志)

f:id:yutori-yb:20180523000334j:plain

https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/25/0011017522.shtml

 

ココリコ(遠藤章造、田中直樹)

f:id:yutori-yb:20180523000449j:plain

http://xn--50-hi4azc9fsf5155c.com/geinoukai/kokoriko/

 
間寛平

f:id:yutori-yb:20180523000703j:plain

https://mainichi.jp/articles/20170502/k00/00m/040/044000c

 
藤井隆

f:id:yutori-yb:20180523000910p:plain

http://ja.asadora.wikia.com/wiki/%E8%97%A4%E4%BA%95%E9%9A%86

 
ロンドンブーツ1号2号(田村淳、田村亮)

f:id:yutori-yb:20180523001115j:plain

https://www.oricon.co.jp/news/2028758/photo/1/

 
山田花子

f:id:yutori-yb:20180523001349j:plain

山田花子の旦那・福島正妃が浮気しまくりだが離婚しない理由は? | 芸能人の旦那特集

 
東野幸治

f:id:yutori-yb:20180523001629p:plain

http://news.livedoor.com/article/detail/12398335/

 

花紀京

f:id:yutori-yb:20180523001817j:plain

 

当時の感じ

 当時のダウンタウン、間寛平は、大物芸能人としての地位を確立してました。ココリコ、山田花子、藤井隆、東野幸治は旬の売れっ子タレント。ロンブーは、売れ始めたときで人気のピークだったと思います。花紀京は、ベテラン芸人枠。

 

花紀京さんは、お亡くなりになりましたが、それ以外のメンバーは今のTV業界の第一線で活躍されています。このメンバーを選んだプロデューサーが見る目あるなぁーと感心しますね。

 

歌詞が良い

最後のパートは全員で歌うのですが、この曲の最後のパートがすごく好きでした。

明日(あした)があるさ
明日(あす)がある
若い僕には、夢がある
いつかはきっと いつかはきっと
わかってくれるだろう
明日がある 明日がある
明日があるさ

 

特に、「若い僕には夢がある、いつかきっとわかってくれるだろう」という部分が好きです。

私にも夢がありますが、今は理解されないと思っています。ただいつかきっとわかってくれる日が来るのだろうと思って頑張っています。自分に重ねている感じですかね。

 

原曲は坂本九

元の原曲は、1963年12月1日に発売された坂本九のシングルです。ウルフルズとRe:Japanでカバーされ、CD発売されました。

坂本九さん

世界的に有名な日本を代表する歌手

åæ¬ä¹


最後は、飛行機事故で亡くなった話は有名ですね。

 

当時の時代背景

この曲が作られたのは、戦後の日本です。

戦後の日本

ちょうど復興を目指して、頑張っていたときです。
1964年東京五輪の前ですね。戦後の焼け野原から、明るい明日を目指して、奮闘する日本人を元気づけるために、作られました。昨日(過去)は、焼け野原なので、明日(未来)を目指すしかない。
戦後 焼け野原

 

「明日(未来)に希望を抱き、明日を求めた日本人の気持ちを歌った曲」


その明日を求めた人たちのおかげで、今の日本があるわけです。今や、大国に成長しました。 

2020年は東京オリンピック

東京オリンピック

 

これからの日本を作っていくのは、若い私達”ゆとり”です。

 

若い私達”ゆとり”にも可能性がある!

戦後の日本人たちが必死に作ってくれた明日を無駄にしてはいけないです。明日(未来)に向けて、頑張ろう。